THINKY Journal 株式会社シンキー
2017.1.26 Volume 22

こんにちは。
シンキージャーナル第22号をお届けいたします。

1月18日から1月20日まで開催されましたネプコンジャパン2017(弊社では「電子部品・材料EXPO」に出展しました)では、多くの皆様にお越しいただき、盛況に終えることが出来ました。シンキーは日本国内、また海外において展示会に出展しておりますので是非弊社ブースにお気軽にお立ち寄りください。本メールの後半で直近の展示会出展情報を紹介しております。

今号は、【あわとり練太郎30周年 "2017年もお客様目線で取り組みます"】と題して弊社代表取締役社長 石井重治より、年頭のご挨拶をお届け致します。

【目次】

1. あわとり練太郎30周年 "2017年もお客様目線で取り組みます"
〜弊社代表取締役社長 石井重治より、年頭のご挨拶〜

2. 展示会 出展情報

3. バックナンバー

4. 編集後記

1.あわとり練太郎30周年
”2017年もお客様目線で取り組みます"

THINKY2017年頭のごあいさつ

寒さ厳しき折、皆様にはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

 メルマガ会員の皆様こんにちは。株式会社シンキー代表取締役社長の石井です。まもなく立春を迎えようとしておりますが、いかがお過ごしでしょうか。2017年という、大きな経営環境の変化が予測される年を迎えるに当たり、弊社も現状に甘んじず、チャレンジし続け、お客様の予想を覆すような技術革新に邁進したいと改めて決意をいたしました。

 かねてより、有難いことに弊社は「攪拌」、「脱泡」、「分散」の技術において、皆様より高い評価を頂いてまいりました。しかし昨今の技術革新はますます加速度を高め、より高い性能、品質が求められております。弊社もミキシングの分野で世界を牽引していく企業としてたゆまぬ努力を重ね、またお客様の立場に立ったサー ビスを充実させるとともに、メーカーとしてよりよい製品のご提供を継続してまいります。

 ものづくりにおいて新たな製品を生み出す背景には、製品を作るための材料が必要になりますが、近年では製品ライフサイクルの短縮で、材料開発そのものの時間短縮が求められる時代に突入していると肌で感じております。弊社では時代を担う新材料開発に、より一層貢献すべく、様々な研究機関と連携した独自研究をシンキーラボにて行っております。お客様が製品開発につながる研究の時間短縮に注力できるよう、そこで蓄積してきたノウハウを活用いただける環境をご用意し、さまざまな課題解決に寄り添ってまいります。

 メーカーとして高性能品をご提供するだけでなく、お客様の視点に立ったソフト面の充実を本年の重要テーマとして設定いたしておりますので、是非とも新技術開発に向けてお声掛けいただければと存じます。

当社の代名詞とも言われる「あわとり練太郎」もおかげさまをもちまして、30周年を迎えることが出来ました。これからも自転・公転ミキサーの性能向上と、画期的な新製品開発をお客様にお約束いたしまして、年頭のご挨拶に代えさせて頂きます。

2017年1月26日
株式会社シンキー
代表取締役社長 石井重治

お客様相談室
0120-660-318
受付時間 9:30〜12:00/13:00〜17:00(土日祝休)
シンキーラボ受付
(営業部)
03-5207-2713
 
受付時間 9:30〜12:00/13:00〜17:00(土日祝休)
アフターサービス窓口
03-5207-2718
 
受付時間 9:30〜12:00/13:00〜17:30(土日祝休)

2. 展示会 出展情報

[国内]

nano tech2017(第16回国際ナノテクノロジー総合展・技術会議)
 2/15(水)〜2/17(金)東京ビッグサイト

バッテリージャパン2017(第8回国際二次電池展)
 3/1(水)〜3/3(金)東京ビッグサイト

[海外]

中国 SEMICON CHINA2017
 3/14(火)〜3/16(木)上海新国際博覧中心

フランス JEC World2017
 3/14(火)〜3/16(木)Paris-Nord Villepinte


3. THINKY Journal バックナンバー

Vol.21
原点はハイカウンター?!シンキー製品のこれまで
Vol.20
身の回りのシンキーお役立ち製品をご紹介
Vol.19
ユーザーインタビュー〜JAXA 堀教授に聞く〜
臨時号
シンキー主催4社共同セミナー「カーボンナノチューブ最前線セミナー」ご報告

 


4. 編集後記

 1月のお楽しみといえば、箱根駅伝がありますが、みなさまはご覧になりましたか?今年の冬休みは「のんびり過ごす」をモットーにし、往路復路を精一杯走る選手をテレビの前で応援しておりました。給水がうまくいかず体調不良になる選手が出たり、その選手を励ます監督の手腕に感心したり、今年の箱根駅伝も多くのドラマがありました。襷を無事に渡し終えるシーンには毎回泣かされています。
本年もよろしくお願いいたします。(あ)


THINKY Journalは、過去にイベント・ウェブサイト・お名刺交換などでコンタクトのあったお客様に不定期でお届けしています。
記載された内容は予告なく変更されることがあります。
このメールに掲載された記事を許可なく複製、転載することを禁じます。

配信元:
株式会社シンキー  マーケティング企画課
〒101-0021 東京都千代田区外神田2-16-2 第2ディーアイシービル
TEL 03-5207-2712 FAX 03-5289-7955
URL:http://www.thinky.co.jp/
個人情報保護方針:http://www.thinky.co.jp/products/privacy.html
株式会社シンキー