THINKY Journal 株式会社シンキー
2016.02.25 Volume 17

こんにちは。

シンキージャーナル第17号をお送りします。

今号では、毎回ご好評いただいている「混ぜてみました」シリーズの第3弾として「あわとり練太郎で納豆を混ぜてみる」をお届けします。

【目次】

  1. 混ぜてみました「納豆編」
  2. 展示会 出展情報
  3. バックナンバー
  4. 編集後記

1. 混ぜてみました「納豆編」

納豆使用するのはごく一般的な納豆(30g)。付属のタレと辛子も入れます。

あわとり練太郎と手攪拌、同じ時間を攪拌すると、どんな違いが出るかを試してみたいと思います。 手攪拌担当は、料理が得意なスタッフH。「納豆をおいしく食べるには混ぜ方にコツがあるんです」とのこと。

さて、どんな結果になるでしょうか?

上や横から変化を見るために、半透明のディスポ容器を使用して、早速混ぜてみましょう。
納豆・タレ・辛子を入れてスイッチ・オン。同時に手攪拌もスタート。

ちなみに、納豆を上手に混ぜるには、同じ方向に一定速で混ぜるのが良いらしいですよ。(スタッフH談)。

スイッチオン

手攪拌の様子

納豆が入った容器をセットしているところ。 手攪拌で一生懸命混ぜているところ。

 

練太郎の方が、気泡が細かい……?

あわとり練太郎で30秒

あわとり練太郎で30秒

手攪拌で30秒

手攪拌で30秒

手攪拌に比べて泡立ちが少なく、泡が細かい印象。 普段ご飯に乗せている見慣れた状態。練太郎に比べて泡立っている。

 

豆と粘り気が2層に分かれた

あわとり練太郎でさらに1分(合計1分30秒)

あわとり練太郎で1分30秒

手攪拌でさらに1分(合計1分30秒)

手攪拌で1分30秒

粘り気と固形の豆が分離して2層に分かれてきた。箸で持ち上げると糸は引くが、切れやすい。 まだ充分に豆の形が残っている。持ち上げると長い糸を引く。

 

ペースト状になってきた

あわとり練太郎でさらに1分30秒(合計3分)

あわとり練太郎で3分

手攪拌でさらに1分30秒(合計3分)

手攪拌で3分

ふわふわとしたスムージーのような見た目だが、箸でかき混ぜてみると、しっかりと抵抗を感じる。豆はほとんど見えず底の方に少し残っている程度。全体のカサが増えた。 豆が原形を留めており、納豆らしさを保っている。糸も引く。

 

見た目、感触ともに味噌のよう

さらに1分30秒(合計4分30秒)

あわとり練太郎で4分30秒

手攪拌でさらに1分30秒(合計4分30秒)

手攪拌で4分30秒

豆がさらにつぶれて、ペースト化が進む。混ぜてもほとんど糸を引くことはなく、しっかりとした感触で味噌のような感じ。 豆が多少つぶれてきたが、見た目は納豆のまま。箸ですくうと、まだ長い糸を引く。

 

ほぼペースト状になる

あわとり練太郎でさらに1分30秒(合計6分)

あわとり練太郎で6分

手攪拌でさらに1分30秒(合計6分)

手攪拌で6分

豆がほとんどなくなりほぼペースト状になった。糸を引くことはない。 豆が徐々につぶれてきている。泡立ちが目立たなくなり、糸はほとんど引かなくなった。



まとめ

あわとり練太郎は、納豆をすばやくペースト状にできることがわかりました。「練太郎製の納豆ペースト」のできあがりです。手攪拌でも、6分間混ぜ続ければ豆がつぶれてきますが、ペースト化を目指すのであれば練太郎の圧勝と言えるでしょう。

感想としては、「同じ素材とは思えない」くらいの違いを感じました。

実験後に箸で触れた感触は、全く違います。手攪拌納豆は、糸が引かないものの「いつもの納豆」の域を出ていません。対して練太郎納豆は、「ふわふわ感」と「しっかり感」が同居した不思議な感触でした。

※お手持ちの機械で同様の実験などを行う場合は、設置場所のガイドラインに沿って安全面に配慮した環境で実施くださいますようお願いします。
味見をする場合は蓋付きの食品専用容器を使用することをお勧めします。

 

使用した機械

ARE-310あわとり練太郎(ARE-310)

研究・開発や生産工程における
少量の材料調製に最適な自転・公転ミキサー業界の標準機

あわとり練太郎(ARE-310)の商品情報

 


2. 展示会 出展情報

これから開催される展示会への出展情報です。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。

[国際]二次電池展(バッテリー ジャパン)
 3/2(水)- 4(金) 東京ビッグサイト

高機能プラスチック展 (プラスチック ジャパン)
 4/6(水)- 8(金) 東京ビッグサイト
 

3. THINKY Journal バックナンバー

Vol.16
本社移転のお知らせと新たなコーポレーションテーマについて

Vol.15
練太郎で「混ぜてみました」第2弾 〜 生クリーム編 〜

Vol.14
公式サイトリニューアル&メルマガ新コラムのご案内

Vol.13
課題解決のために今できる最大パフォーマンスで取り組んでいます!

Vol.12
「シンキー創業45年のご挨拶」代表取締役 石井重治

 
 

 



4. 編集後記

「混ぜてみました 納豆編」、楽しんでいただけましたでしょうか。普段から練太郎に触れている私たちですが、これまで納豆を混ぜた経験はなく、とても新鮮な体験となりました。

お餅にからめるとか、ピーナッツバターのようにトーストに塗る、ドレッシングと混ぜてサラダにかけるとか、いろいろな料理へ応用できるのではないかと思います。練太郎の新たなる可能性を感じました。(Y)

 


THINKY Journalは、過去にイベント・ウェブサイト・お名刺交換などでコンタクトのあったお客様に不定期でお届けしています。
記載された内容は予告なく変更されることがあります。
このメールに掲載された記事を許可なく複製、転載することを禁じます。

 
配信元:
株式会社シンキー  マーケティング企画課
〒101-0021 東京都千代田区外神田2-16-2 第2ディーアイシービル
TEL 03-5207-2712 FAX 03-5289-7955
URL:http://www.thinky.co.jp/
個人情報保護方針:http://www.thinky.co.jp/products/privacy.html
株式会社シンキー