THINKY Journal 株式会社シンキー
2015.8.5 Volume 12

こんにちは。

シンキージャーナル第12号をお送りします。

当メルマガでも何度かご案内してきました、弊社にとって初のプライベートショー「自転・公転テクノロジー展」は、盛況のうちに閉幕することができました。ご来場いただきました多くのお客様、そしてご同僚やお知り合いの方にご紹介くださった皆様に、心より感謝申し上げます。

プライベートショーの開催を終え、今月創業45年を迎えるシンキーは、気持ちも新たに次のステップへと踏み出して参ります。

今号は弊社代表取締役 石井重治より、45年間の感謝を込めたご挨拶をお届けいたします。

【目次】

1. 「シンキー創業45年のご挨拶」代表取締役 石井重治

2. プライベートショー「自転・公転テクノロジー展」のご報告

3. 展示会 出展情報

4. バックナンバー

5. 編集後記

1. 「シンキー創業45年のご挨拶」代表取締役社長 石井重治

平素より格別のお引き立てをいただき、誠にありがとうございます。

2015年8月、弊社は創業45年目を迎えました。これもひとえにお客様や関係各位の温かいご支援とご協力があったからこそと、心より感謝致しております。

私が事業家を志したのは、中学2年の時でした。福沢桃介の本に感銘を受け、将来は事業家になると決心したのです。

小さい頃から物を作るのが大好きでした。中学生になると鉱石ラジオから始まり、5球スーパー、アマチュア無線、真空管アンプ、リール式のテープレコーダーなど、ありとあらゆるものを作りました。最初は雑誌で回路図の読み方を覚えましたが、それ以降はほぼ独学で、ああでもない、こうでもないと試行錯誤を繰り返しました。

45年前の8月10日、私が30歳の時に、念願だった会社を設立しました。ものづくりが大好きだった私は、選択の余地なく「製造業」を事業にしました。そして、「これからの製造業は、人の真似ではなく、独創的な物を作らなければいけない」と考えていました。

そのためには必要なのはアイデアや工夫をする思考力です。だから「考える」という意味の「THINK」に、当時破竹の勢いだったSONYにあやかって「Y」を付けたのが、「シンキー(THINKY)」という社名の由来です。

最初の製品は、パチンコの玉を電子的に計算するデジタル計数機でした。それまでもモーター式の計数機はあったのですが、カウントスピードが遅い上に、目詰まりするなどの問題があり、あまり重宝されていなかったようです。それを、純電子式にこだわって開発したのがこの製品です。この計数機は今でもパチンコ玉の計数機としての基本機能として使われています。

その後も、様々な製品を世に送り出してきました。45年の間、いつの時代でも、私たちの方針に共感し、支援してくださるお客様がいました。「こんな課題が解決できないか?」「こんな事に困っているのだけど」と、開発のテーマを与えてくださいました。私たちもそれらのテーマに真剣に取り組み、時間がかかりながらも、なんらかの答えを出してきたつもりです。

現在の弊社の主力製品である「自転・公転ミキサー」が生まれたのも、ある方が歯科医院での課題を教えてくださったことがきっかけとなっています。

この「自転・公転ミキサー」の発売を機に、自転公転ミキサーのただならぬ能力に気づき、これを基礎機能とした多くの機器を発売して参りました。おかげさまで、世界中のお客様が弊社のミキサーをご利用いただけるまでになりました。特に、次世代材料の研究・開発分野では、必要不可欠な存在となっております。

シンキー(考える)という社名は、誰の真似でもない独創的な製品を作リ続けるという、弊社のものづくりに対する基本理念でもあります。これまでに期待を寄せていただきましたお客様への責任を果たすべく、今後も独創的で世の中に貢献する製品を生み出して参りたいと考えております。

どうかこれからも、シンキーのものづくりにご期待いただければ幸いです。

株式会社シンキー
代表取締役 石井 重治

 

2. プライベートショー
「自転・公転テクノロジー展」開催のご報告

社長挨拶
社長挨拶
去る7月17日、シンキー初のプライベートショー「自転・公転テクノロジー展」が、盛況のうちに幕を閉じました。

台風の接近する中、約300人もの方にご来場いただきました。遠方よりお越しいただいたお客様も多数おられ、社員一同、感謝の気持ちでいっぱいです。誠にありがとうございました。


接客風景
接客風景
セミナーは各回とも沢山のお客様が受講され、熱心にメモをとりながら耳を傾けておられました。講演内容が、少しでもお役に立てば幸いです。

また、次回の開催を望まれる声も多くいただきました。また開催の機会がありましたら、当メルマガでもお知らせしたいと思います。


接客風景
接客風景
一部ですが、お寄せいただいたアンケートから、お客様の声を紹介いたします。


ご来場いただいたお客様の声

  • 会場の受付の方や案内の方の対応がとても丁寧で、気持ちが良かった。

  • スタッフの方が大変丁寧に説明いただき、分かりやすかったです。

  • スタッフの方々の対応が行き届いており、素晴らしいと感じました。

  • 実際のデモや、社員の皆様の丁寧な説明が大変わかりやすく、勉強になりました。

  • セミナー、機器展示とも充実した内容で良かったと思います。

  • 内容的にも構成的にもよく考えられていて大変参考になりました。

  • とても勉強になったセミナーでした。次回の開催も期待しています。

  • 今日一日で大変参考になりました。検討していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。

  • 液への粒子分散の方法から測定までの最新の話が聴けて参考になりました。

  • 洗練された展示会でした。

  • あわとり練太郎を愛用しています。10年ほど前の機種ですが、現役で活躍しています。今回は御社の新製品、デモなど拝見できてよかったです。新材料開発に貴重な装置ですので、今後も期待しています。

3. 展示会 出展情報

これから開催される展示会への出展情報です。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。

バッテリー大阪(第2回関西二次電池展)
 9/2(水)-4(金) インテックス大阪  

セラミックス&ガラス技術展(旧セラミックス総合展)
 9/16(水)-18(金) 東京ビッグサイト


4. THINKY Journal バックナンバー

Vol.9
ナノ粉砕機ユーザーインタビュー
〜大阪大学大学院 津島将司教授に聞く〜

Vol.8
アフターサービスは製品スペックの1つです。それがシンキー。

Vol.7
心は常にお客様とともに。シンキー「お客様相談室」のご紹介

Vol.6
「ナノ粉砕機」開発者インタビュー 〜摂南大学 橋本直文教授に聞く〜

Vol.5
ご存知ですか? 実は身近な練太郎!「なんこう練太郎」誕生秘話
神戸学院大学薬学部 福島昭二教授



5. 編集後記

日本列島が暑さに包まれていますね。

熱中症予防は万全でしょうか?

猛暑だけでなく、台風やゲリラ豪雨などが来るたびに、日本の夏は過酷だなと思います。

でもなぜか冬になれば、夏の暑さをすっかり忘れてしまって、また次の夏がくると「こんなに暑かったっけ?」と驚き、「日本の夏は過酷だなあ」とつぶやいています。

これから夏休みをとられる方も多いかと思います。
まだまだ暑さが続きますので、くれぐれもご自愛ください。

 


THINKY Journalは、過去にイベント・ウェブサイト・お名刺交換などでコンタクトのあったお客様に不定期でお届けしています。
記載された内容は予告なく変更されることがあります。
このメールに掲載された記事を許可なく複製、転載することを禁じます。

配信元:
株式会社シンキー  マーケティング企画課
〒101-0021 東京都千代田区外神田2-16-2 第2ディーアイシービル
TEL 03-5207-2712 FAX 03-5289-7955
URL:http://www.thinky.co.jp/
個人情報保護方針:http://www.thinky.co.jp/products/privacy.html
株式会社シンキー