THINKY Journal 株式会社シンキー
2015.2.25 Volume 8

こんにちは。
シンキージャーナル第8号をお送りします。

本号では大阪営業所でアフターサービスに従事しているスタッフへのインタビューをお送りします。大阪サービスの責任者で営業所の所長でもある西川と川端、志築の3名に話を聞きました。大阪サービスは、愛知・岐阜以西の地域を担当し、装置の点検や修理対応を担っています。

【目次】

1. アフターサービスは製品スペックの1つです。それがシンキー。

2. 展示会 出展情報

3. シンキー製品のご案内

4. バックナンバー

5. 編集後記


1. アフターサービスは製品スペックの1つです。
 それがシンキー。

◆ サービスの仕事において、心がけていることは?

西川:ひとつはお客様のおっしゃることを聴いて、課題を正確に把握することです。課題に対する理解が間違っていると、いくら時間をかけてもお客様の困り事を解決できませんから。
もうひとつはスピードです。言うまでもないことですが、「機械が止まってしまって仕事にならない」あるいは「ライン全体がストップしている」ということもありますから、そういった場合にはできるだけ急いで現場に向かいます。

◆ 早く解決するためのポイントは?

川端:繰り返しになりますが、最初にお客様のお話をしっかり聴くことが大事です。不具合の状況だけでなく、必ず普段の使い方も伺います。「どんな材料を」「どんな量で」「どうやって」混ぜていらっしゃるのか。こういったことを詳細に伺うことで、ある程度は原因を予測できます。簡単に解決できそうであれば、電話口でご案内して、お客様自身に試していただくこともあります。急いでいるからと言って最初のヒアリングを怠ると、結果的に遠回りになってしまうことが多いですから、特に気をつけています。

◆ クレームを受けることは?

西川:ないと言えば嘘になるのですが、かなり少ないです。シンキーの製品は高品質なので、不良品だとかそういったクレームはないですね。とはいえ、機械ですから、使っていればどうしても調子が悪くなることはあります。故障の連絡を受けて、そこからどう対応するかが重要ですよね。すぐ直すことが最優先なのですが、状況に応じて代替機をお貸し出しして、故障機と入れ替えていただく時もあります。どのようにすれば、ご安心いただけるかを常に意識して、お客様のご要望を正確に理解し対応することができていれば、クレームになることはありません。

◆ 点検・修理以外のサービスの仕事は?

点検・修理以外のサービス西川:装置になるべく負荷をかけない使用方法や、使い方のテクニックをご説明することがあります。修理をした際にはお客様にちょっとしたアンケートをお渡しして、FAXで返送いただくようにしているのですが、そこにも使い方のワンポイントアドバイスなどを載せています。それから、シンキーの中では一番お客様の現場を見る機会の多い立場ですから、お客様が困っていたり、不便を感じたりしていることは、次の開発に活かせるよう本社にフィードバックもしています。

他に、装置を長年使っていらっしゃるとか、購入時と使い方が大きく変わってしまっているような場合は、お客様のご状況に応じて買い替えや買い足しのご提案をさせていただくこともあります。使用頻度や経年劣化などを総合的に考えて、お客様にとって最適な選択をご提案するのも私たちの仕事のうちだと考えています。

◆ 点検のポイントは?

志築:私は中・小型機の点検に伺う機会が多いのですが、異音がしないかとか、小さなことにも気にかけて、大きな故障を未然に防ぐように心がけています。使用方法が間違っていないかを確認することも必要です。例えばバランサーを合わせずに使うと中の材料が偏ってしまって、どうしても負荷がかかってしまうので、そのあたりのチェックは必ず行うようにしています。

◆ 特に印象に残っていることは?

西川:お客様の工場に修理に伺って、復旧できないとラインが止まったまま仕事にならない状況で、10人くらいのお客様に囲まれてヒヤヒヤしながら修理したときのことでしょうか。お客様がすごく切羽詰まった表情をされていたのですが、無事に動き始めた時にぱっとお客様の顔がほころんだ瞬間、この仕事をしていて良かったと思いました。 逆に、お客様に1時間以内に直して欲しいと言われたのに1時間半かかったとか、満足のいかないこともあります。そんなときにはなぜ時間がかかったのか、なぜもっと早くできなかったのか、と自問して、考えていくことも重要なことだと思っています。

川端:私たちの仕事は修理だけでなくて、お客様にとって最善はなにかを考えてご提案することです。以前、ご依頼を受けてオーバーホールに伺ったときに、「修理よりも買い替えの方が良いですよ」とご提案したら、すぐにその案を採用してくださったのは嬉しかったですね。お客様に私のご提案を信用していただいたということですから。

志築:ある名古屋の会社様からご依頼があって、すぐに大阪から名古屋まで駆けつけて修理をしました。修理後に「わざわざ大阪から来たの?!」ととても驚いていらっしゃって、その場でアンケートに記入してくださり、すべての項目で10点満点を付けていただきました。さらに、新たな機械の購入も決めていただいたんです。お客様が心から喜んでくださったり、お客様から感謝の言葉をいただけるというのはサービスマンとして本望です。

◆ 目標としているサービスマン像は?

西川:お客様と共に歩んでいけるサービスマンを目指しています。お客様の困り事に寄り添い、自分自身も向上していけるようなサービスができたらと思っています。

川端:「川端がいれば安心」と思っていただけるサービスマンですね。気になることがあれば気軽にご連絡いただければと思っています。

志築:お客様に安心していただけるようなサービスマンを目指しています。そのために、知識や技術を向上できるよう、日々勉強しています。

◆ シンキーのサービスの強みは?

西川:フットワークの軽さには自信があります。「お客様の手を止めない。そのための努力は惜しまない」、それが我々サービス部のモットーです。何かあればすぐに駆けつけて素早く修理するのが一番ですが、それができない場合でも代替機をお貸しするなり、何かしらの対処をします。お客様の手が止まって仕事に支障が出ることが一番困るわけですから、できる限りそれを防ぐのが私たちの使命だと思っています。

シンキー製品をご愛用の皆様へ

サポートの最新情報

 

2. 展示会 出展情報

これから開催される展示会への出展情報です。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。

バッテリージャパン2015(第6回 国際二次電池展)
 2/25-27 東京ビッグサイト  

プラスチックジャパン2015(第4回 高機能プラスチック展)
 4/8-10 東京ビッグサイト


3. シンキー製品のご紹介

ナノ粉砕機 NP-100

低温下でナノ粉砕処理
極微量(100mg)の材料粉砕を短時間で完了します

自転・公転ナノ粉砕機NP-100では、自転・公転時に発生する強力な遠心力により、容器内に入れた粉砕メディア(ジルコニアボール)に加速度を与え、材料の粉砕を行います。乾式粉砕では3ミクロン以下の粉砕が原理上難しいとされているのに対し、湿式粉砕ではナノ粉砕が可能です。

 


4. THINKY Journal バックナンバー

Vol.7
心は常にお客様とともに。シンキー「お客様相談室」のご紹介

Vol.6
「ナノ粉砕機」開発者インタビュー 〜摂南大学 橋本直文教授に聞く〜

Vol.5
ご存知ですか? 実は身近な練太郎!「なんこう練太郎」誕生秘話
神戸学院大学薬学部 福島昭二教授

Vol.4
容器・アダプター開発者が語る「お客様の声を生かした製品づくり」

Vol.3
容器・アダプター開発者に聞く 「特注品製作の極意」

Vol.2
ユーザーインタビュー 「粉体分野の第一人者が語る、あわとり練太郎」
東京農工大学大学院・工学研究院 神谷秀博教授

Vol.1
「あわとり練太郎」をセルフチェックしてみませんか?

5. 編集後記

もうすぐひな祭りですね。

幼い頃、自宅の居間に雛人形が飾られると、我家は緊張した空気に包まれました。

ボール遊びをしたら「お雛様にぶつけるからやめなさい!」
兄とケンカをしたら「お雛様から離れて!」
夜までテレビを観ていたら「お雛様に叱られるわよ!」
と、母のカミナリが飛んできます。

お雛様の白くて高貴な顔立ち。ほつれひとつない艶やかな髪。
あまりにも隙のない美しさに日常との落差を感じ、3月3日になってお人形がしまわれると、寂しさと同時にどこかホッとしていたのを思い出します。(Y)


THINKY Journalは、過去にイベント・ウェブサイト・お名刺交換などでコンタクトのあったお客様に不定期でお届けしています。
記載された内容は予告なく変更されることがあります。
このメールに掲載された記事を許可なく複製、転載することを禁じます。

配信元:
株式会社シンキー  マーケティング企画課
〒101-0021 東京都千代田区外神田2-16-2 第2ディーアイシービル
TEL 03-5207-2712 FAX 03-5289-7955
URL:http://www.thinky.co.jp/
個人情報保護方針:http://www.thinky.co.jp/products/privacy.html
株式会社シンキー