THINKY Journal 株式会社シンキー
2014.12.09 Volume 5

こんにちは。
シンキージャーナル5号をお届けします。

主に工業用の機械として知られる「練太郎」ですが、全国4,000以上の調剤薬局でも使われているのをご存知でしょうか? お医者様が出す処方箋に沿って、薬剤師さんが軟膏を練るのに使っているのが「なんこう練太郎」です。ご自身やご家族のどなたかが皮膚科や小児科にかかったことがある方は多いと思います。姿は見えずとも、「なんこう練太郎」は間接的にあなたと繋がっているかもしれません。

誕生のきっかけは、神戸学院大学薬学部の福島教授との偶然の出会いでした。これにより、あわとり練太郎の開発者が想定し得なかった新たな利用ニーズを発見することができ、「なんこう練太郎」というヒット製品が生まれたのです。

調剤薬局向けミキサー開発への着想をいただいた、福島教授のインタビューを紹介致します。

【目次】

1. ご存知ですか? 実は身近な練太郎! 「なんこう練太郎」誕生秘話

2. 展示会 出展情報

3. 年末年始休暇のお知らせ

4. バックナンバー

5. 編集後記


1. ご存知ですか? 実は身近な練太郎!
 「なんこう練太郎」誕生秘話

福島先生2000年の展示会が、私たちシンキーと神戸学院大学の福島教授との出会いでした。
「あわとり練太郎」のデモをご覧になった福島先生は、一目で惚れ込み、「これは軟膏を作るのに最適な機械かもしれない!」と思われたそうです。
このひらめきこそ、「なんこう練太郎」が世に出るきっかけだったのです。
今では、全国の薬局でご愛用いただき、業界標準機となった「なんこう練太郎」。その誕生秘話をお届けします。

◆ 「練太郎」と出会われたきっかけは?

まったくの偶然でした。あるメーカーと共同開発をしていて、2000年のインターフェックス展に出展したのですが、「面白い機械はないかな?」とぐるぐる会場を回っていた際に、この機械がパッと目に入りました。見てすぐに、「これは軟膏を作るのに最適な機械だ!」と思い、すぐにその場で担当の人とディスカッションしたのを覚えています

◆ どうして軟膏を練るのに向いていると思われたのですか?

私は大学に移る前に10年間薬剤師をしていたのですが、軟膏を混ぜるのは、結構時間がかかって大変な仕事でした。色々なものを混ぜようとすると調剤に時間がとられて、なんとかならないないものかと薬剤師の誰もが思っていたと思います。それで、この機械なら簡単にできそうだったので、むしろ何でそれに使わないのかなと不思議に思ったのです。

◆ 当時は手で練られるのが一般的だったのでしょうか?

そうですね。手で練るか、量が多くなったらプロペラでぐるぐる回すとか、あるいは乳鉢、乳棒で混ぜるとか、いずれにしても、時間がかかる方法でやっていましたね。

◆ 軟膏を練るのにどのくらい時間がかかりましたか?

20g混ぜるのに、10分くらいはかかるでしょうね。
それにヘラも掃除しなければならないですしね。

◆ 「練太郎」を導入されてからは、どのくらいでできるようになったのでしょうか?

うちは大学なので、業務で使うことはないのですが、「経皮吸収製剤」を使うために軟膏を作ることがあって、その時はしっかり混ぜないといけないので、結構時間がかかっていました。これを導入してからは簡単に、しかも誰がやっても同じ物ができるので、非常に助かっています。

◆ 当時はどのような経皮吸収製剤のご研究だったのですか?

リドカイン(局所麻酔薬)の経皮吸収をテーマにやっていました。子供達が針を刺すのを嫌がるので、そこを麻痺させて痛くないようにするというようなものです。今は製品にもなっていますが、当時はそういう実験をしていて、そのためにリドカインを含む軟膏を作っていました。

◆ リドカインというと粉状のものですよね?

はい。リドカインをプロピレングリコールという溶剤に溶解させて、それを基剤に混ぜあわせます。つまり液体のものを基剤の中に混ぜこみます。

◆ リドカイン製剤は手で混ぜられていたのですか?

そうですね。一度温度をかけて溶融させてそれを冷やして固めるのですが、その段階で分離してくることもあって、どうやってやったらいいかなと思って、手でぐるぐるかき混ぜながら作っていました。その手間のかかる作業が、練太郎だと30秒足らずでぱっとでき、また、何と言っても、誰が作っても同じようになるというところが嬉しかったです。

◆ 「練太郎」の脱泡機能が役立った点は?

塗りやすさが違いましたね。動物に塗るときに塗りやすくなりました。それと、自らが関わった実験ではなかったのですが、塗るのではなく貼り付ける製剤を使用した場合に、泡の存在は有効面積を変化させてしまうので、そういう意味では、泡がない方が再現性のあるものがとれるというメリットがありました。

◆ 「密閉容器内で調剤できる」ということで感じられたことは?

容器の中で色々なものが簡単に作れてしまうし、その後の洗浄やそれに付随する作業が簡略化されるので嬉しいですね。それから、定量的にできるのも嬉しい点です。手で混ぜるとどうしても量が不正確になることがありますが、これだと正確に測れて、しかも均一になるので、そういうところも良い点だと思います。

◆ 知り合いの方に「練太郎」の話を広めていただいたと聞いておりますが。

軟膏に応用するにあたって、様々なデータを取って根拠を示すことが必要だったのですが、大学でやるよりは現場の薬剤師の方がやってくれたほうがインパクトがあるだろうと思い、阪大(病院)に勤めた卒業生を紹介しました。


それがきっかけとなり、やがて「なんこう練太郎」が誕生し、今では全国の調剤薬局でご愛用いただいております。福島先生は、「なんこう練太郎」が日本と言わず世界中に普及してほしいと仰っしゃいます。福島先生、貴重なお話をありがとうございました。

福島 昭二 先生
 
  神戸学院大学薬学部 薬学科 教授
  薬学博士

神戸学院大学薬学部
福島教授プロフィール

◆経歴
1982年3月 北大薬学修士修了
1989年9月 薬学博士号取得(熊本大学)

1982年4月〜1992年3月:熊本大学医学部附属病院薬剤部・文部技官薬剤師
1992年4月:神戸学院大学講師、2001年10月:同助教授、2006年4月:同教授



2. 展示会 出展情報

これから開催される展示会への出展情報です。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。

ライティングジャパン2015(第7回次世代照明技術展)
 1/14〜16 東京ビッグサイト  

nano tech 2015(第14回国際ナノテクノロジー総合展・技術会議)
 1/28〜30 東京ビッグサイト  

バッテリージャパン2014(第6回国際二次電池展)
 2/25〜27 東京ビッグサイト


3. 年末年始休暇のお知らせ

誠に勝手ながら、2014年12月27日(土)〜2015年1月4日(日)まで、年末年始休業とさせていただきますので、よろしくお願いします。


4. THINKY Journal バックナンバー

Vol.4 容器・アダプター開発者が語る「お客様の声を生かした製品づくり」

Vol.3 容器・アダプター開発者に聞く 「特注品製作の極意」

Vol.2 ユーザーインタビュー 「粉体分野の第一人者が語る、あわとり練太郎」

Vol.1 「あわとり練太郎」をセルフチェックしてみませんか?


5. 編集後記

2014年最後のシンキージャーナルをお届けしました。
年末に向けて、忘年会、クリスマス、お正月と華やかな行事が続きます。

今年はどんな年でしたか?
来年はどんな年を思い描いていますか?

シンキーでは、来年に向けて、新たな営業所の開所、セミナーの開催、新製品の開発などを進めております。良い製品、良いサービスを通してお客さまに感動・感激していただけるよう、今後とも精進していきたいと存じます。


THINKY Journalは、過去にイベント・ウェブサイト・お名刺交換などでコンタクトのあったお客様に不定期でお届けします。
記載された内容は予告なく変更されることがあります。
このメールに掲載された記事を許可なく複製、転載することを禁じます。

配信元:
株式会社シンキー
〒101-0021 東京都千代田区外神田2-16-2 第2ディーアイシービル
TEL 03-5207-2712 FAX 03-5289-7955
URL:http://www.thinky.co.jp/
個人情報保護方針:http://www.thinky.co.jp/products/privacy.html
株式会社シンキー