入事例

真空ミキサー ARV-310 3Dプリンタ用シリコーン 研究開発
気泡除去が3次元観察観察とレーザー散乱の
測定精度を向上

  • 真空タイプ
  • 生産
  • 中・小型機
  • 脱泡

Q. 導入前にどのような課題がありましたか? A. シリコーン製人工臓器から気泡除去したい

血管内の血液の流れを調べる研究・開発の中で、シリコーン製人工臓器の性能や特性を調べるための試験を行っています。
シリコーン製の臓器モデルは3Dプリンタで作製していますが、シリコーンに気泡が入っていると、評価・観察時のレーザー光が臓器モデルの中で散乱してしまい、測定精度が著しく悪くなってしまいます。観察が難しければ、客観的な評価もできません。3Dプリンタに使用するシリコーン内に存在する気泡が問題でした。

Q. 導入後、どのような効果がありましたか? A. レーザー散乱による測定精度が向上

シリコーンでの脱泡事例(透明度がアップ)

どんな方法をとれば、透明度の高いモデルが得られるのか、と悩みながらも、何か別の方法があるのではと、WEBサイトで調べていた時に、シンキーのあわとり練太郎を見つけました。真空減圧機能がついたARV-310でシリコーンを調整してみると、短時間で微細な気泡まで除去され、透明度が格段に上がっていることが分かりました。3Dプリントで臓器モデルを製作してみた結果は一目瞭然でした。いままで濁って見えていた部分には小さな気泡が存在していたのだと思えました。もちろんレーザー散乱による測定精度も向上しました。この研究・開発が医療の有効性と安全性を確保し、新しい治療法を確立することによって、多くの患者さんに貢献できるものにしたいと考えています。


・お客様の了解を得て掲載しています。

ご導入いただいたのは

ARV-310

ARV-310

サブミクロンの気泡を除去 自転・公転真空ミキサー ARV-310

製品詳細はこちら
無料貸し出しサービス
カタログ請求(郵送)
カタログ請求(WEB)
お客様相談室TEL0120-660-318 営業本部TEL03-5207-2713
受付時間:9:30~12:00/13:00~17:00(土日祝休)

PAGETOP