入事例

真空ミキサー ARV-310 3Dプリンタ用シリコーン 研究開発機関 研究者
気泡除去が3次元観察とレーザー散乱の
測定精度を向上

  • 真空タイプ
  • 生産
  • 中・小型機
  • 脱泡

透明度の高い3Dプリンタ用シリコンの脱泡に手間

シリコーン製人工臓器を3Dプリンタで作製し、実際の臓器で行われている血液の流れをこの人工臓器・血管を使って事前に確認し、外科手術の精度を上げる研究を行っています。
その作製においては、内部の構造をはっきり見るために透明度の高いシリコーンで作製することが必要です。 従来は、3Dプリンタ用のシリコーンを真空チャンバーに入れ脱泡をしていました。ところが真空チャンバーでは、シリコーンの噴き上げの問題や手間の問題から、作業に時間がかかっていました。これを打破するための新たな方式を模索していました。
また、出来上がった人工臓器を評価・観察してみると、レーザー光が臓器内で散乱してしまい、測定精度が著しく悪くなり、客観的な評価ができないという問題も抱えていました。

真空ミキサーでサブミクロンレベルの泡まで除去

シリコーンでの脱泡事例(透明度がアップ)

手間や時間をかけずに理想的な人工臓器が作製できないか、と悩みながらネットで調べていた時に、シンキーのあわとり練太郎にたどり着き、まずはデモ機をお借りし試してみることにしました。
サブミクロンレベルの気泡も除去できるとのことで、真空減圧機能がついたARV-310で調製してみました。すると従来の脱泡よりもシリコーンの透明度も格段に上がっているように見えました。早速そのシリコーンを使って3Dプリンタで人工臓器を試作してみたところ、レーザー光の散乱が格段に低減され、高精度の透明性を持った人工臓器の作製ができました。

研究室で実際に本研究に関わっている人数は30名ぐらいで、装置の導入後は、ほぼ毎日使用しています。多い時になると3〜4人待ちの時もあります。
この研究・開発が今後、より多くの患者さんに貢献できるものになればと考えています。

・お客様の了解を得て掲載しています。

ご導入いただいたのは

ARV-310

ARV-310

サブミクロンの気泡を除去 自転・公転真空ミキサー ARV-310

製品詳細はこちら
無料貸し出しサービス
カタログ請求(郵送)
カタログ請求(WEB)
お客様相談室TEL0120-660-318 営業本部TEL03-5207-2713
受付時間:9:30~12:00/13:00~17:00(土日祝休)

PAGETOP