入事例

ナノ粉砕機 NP-100 難溶性医薬品化合物のサンプル 製薬メーカー 毒性分析担当者
物性変化なく時間短縮でナノ粒子化

  • ナノ粉砕機
  • R&D
  • 中・小型機
  • ナノ粉砕

高価な医薬品候補化合物を効率的に分散させたかった

弊社では、医薬品候補化合物を何パターンものサンプルを調製し、毒性分析しています。取り扱う化合物には高価なものが多く、調製に利用していた装置の仕様上、一度に一定量の化合物を処理する必要があり、コスト的にも時間的にも厳しい状態でした。
理想は少量の化合物でサンプル調製し、コストをかけずに分析したいと思っていましたが、最近の合成化合物は水に溶けるものが少ないため、粉砕機などで微粒化し、液中に分散させる作業が必要でした。当時、弊社が所有していた粉砕機は、1kg以上の量がないとうまく粉砕ができない装置で、高価な医薬品候補化合物には適していませんでした。材料の微粒化に10時間かかることもありました。医薬品候補化合物のサンプル調製と分析のスピードを加速するためには、設備も粉砕方法のどちらも検討し直す必要がありました。

使用する化合物は1万分の1に大幅減少!粉砕精度の高さにも満足

社内で検討したところ、化合物をなるべく少量で粉砕できる粉砕機を探すことになりました。展示会などにも参加しながら情報収集をした結果、実際にいくつかの化合物で使用し評価することになり、複数の会社から粉砕機のデモ機を取り寄せ、比較検討を進めていきました。
その中の一つに、シンキーの自転・公転ナノ粉砕機NP-100がありました。化合物の使用量がとにかく少なくてよく、100mg以下でも粉砕することができました。導入の決め手は、やはりその処理量の少なさと粉砕精度です。
NP-100の導入によって、サンプル調製に使用する医薬品候補化合物の量は従来の1万分の1になりました。また、以前の粉砕機では8~10時間も要していた粉砕時間が、なんと2分程度にまで短縮されたのです。粉砕後のサンプルと粉砕メディアの分離方法も簡単になり、コストと時間の両面で絶大な効果がでていると思います。また冷却機能が備わっていることも決め手の一つと言えます。医薬品候補化合物の粉砕では、粉砕時に発生する熱によって化合物の物性が変化してしまうこともあります。冷却機能が備わっているNP-100では、その点も安心感がありました。

・お客様の了解を得て掲載しています。

ご導入いただいたのは

NP-100

NP-100

ナノ粉砕機の導入で、医薬品候補化合物のナノ粉砕を物性変化なく短時間で実現! 自転・公転ナノ粉砕機 NP-100

製品詳細はこちら
無料貸し出しサービス
カタログ請求(郵送)
カタログ請求(WEB)
お客様相談室TEL0120-660-318 営業本部TEL03-5207-2713
受付時間:9:30~12:00/13:00~17:00(土日祝休)

PAGETOP