入事例

真空ミキサー ARV-310注型材 半導体メーカー 樹脂モールド責任者
脱泡時間が十分の一に!

  • 真空タイプ
  • 生産
  • 中・小型機
  • 脱泡

ばらつき、作業効率の問題を解決したい

弊社は、化合物半導体を製造販売しております。
化合物半導体の製造工程の一つに樹脂モールドがあります。これは調合、攪拌、脱泡した樹脂を半導体パッケージに注入し、電気炉にて硬化させる工程です。これまで樹脂の攪拌はスパーテルを使って手攪拌した後、減圧脱泡機で脱泡していました。この方法では、最近の開発品に採用傾向がある高粘度樹脂への対応が不十分でした。主に3つの問題がありました。

(1)樹脂の手攪拌でばらつきが生じやすく、均一に攪拌することができない。
(2)減圧脱泡機では高粘度樹脂の脱泡に数十分~数時間以上を要し、作業効率が悪い。
(3)脱泡操作では手動での破泡のため、ずっと機械に向き合っての調整が必要で面倒。
これらの問題を解決することは事業推進上、急務な課題でした。

作業精度が安定し、作業時間も大幅短縮

課題解決に向けて動いていた時期に、メンバーの一人が展示会でカタログをもらってきました。自分たちの課題を解決できるのではないか?と感じ、シンキーに連絡を取ってみました。社内では製品に対して懐疑的な意見もあったのですが、まずは試そうということで、デモ機を借りて評価してみました。結果、上記に挙げた問題点を改善できることが分かり、「あわとり練太郎」ARV-310(真空タイプ)を導入することにしました。
導入後は

(1)攪拌精度が安定し、作業者ごとのばらつきがなくなった。
(2)これまで減圧脱泡機で数十分~数時間以上かかっていた高粘度樹脂の脱泡が十数分と大幅に短縮された。
(3)脱泡中に機械の前で調整をする必要がなくなった。

ARV-310は気泡の吹き上がりを抑えられるため、これまであった機械の調整作業が不要となりました。加えて、材料条件ごとに運転動作を登録できるメモリー機能を使用することで、同じ品質の脱泡が誰でも行えるようになりました。脱泡中も別の作業が行えるようになり、作業全体の効率が向上しました。

・お客様の了解を得て掲載しています。

ご導入いただいたのは

ARV-310

ARV-310

あわとり練太郎の導入で、注型材の脱泡時間が十分の一に! 作業効率アップ! 自転・公転真空ミキサー ARV-310

製品詳細はこちら
無料貸し出しサービス
カタログ請求(郵送)
カタログ請求(WEB)
お客様相談室TEL0120-660-318 営業本部TEL03-5207-2713
受付時間:9:30~12:00/13:00~17:00(土日祝休)

PAGETOP