入事例

  

ARE-310 銀ペースト プリント基板メーカー 生産本部ディレクター
攪拌時の材料変性が解消、数分で作業完了

  • 大気圧タイプ
  • 生産
  • 中・小型機
  • 攪拌
  • 脱泡
  • 分散

脱泡に手間暇、それなのにボイドや材料変性

プリント基盤メーカーの製造過程で銀ペーストを使用しています。
銀ペーストは銀粒子が沈殿しやすく、使用前によく攪拌する必要があります。また、製造工程で銀ペーストのプリントの品質が保てない等の原因となるため、気泡が極力入らないようにしてきました。工程として、まず手で攪拌し、その後真空減圧で30分ほど時間をかけて脱泡していました。

ところが、脱泡はそれなりにできていたものの、実際にプリント基板の製造工程で使ってみるとボイドが生じました。その原因を追究した結果、脱泡のための真空減圧の段階で、材料にもともと含まれている溶剤成分がほとんど揮発していたことが判明しました。そこで材料変性を生じない脱泡方法がないものか、模索し始めました。

攪拌も脱泡もわずか数分、ボイドも低減

銀ペースト(製品の再分散)

偶然出向いた展示会で、「あわとり練太郎」(大気圧タイプARE-310)に出会いました。真空減圧せずに、攪拌も脱泡もできるという装置を見たのは初めてで、材料変性を生じない脱泡ができるのではないかとの期待から、とにかくデモをしてもらうことに。
従来の手攪拌→真空脱泡の方式と比較したところ、その結果は想像を超えるものでした。
沈殿しやすい銀粒子の分散がよくできていた上、ボイド低減にも期待が持てそうでした。
さらに圧倒的に作業効率が上がりました。今まで30分をかけていたものがわずか数分になったのです。終始つきっきりである必要がなくなり、他の作業に時間が割けるということは本当に大きな違いです。
導入後は、材料変性の問題に悩む必要もなくなり、プリント基板の製造工程でのボイド低減にも大きく貢献してくれ、いろいろな課題が一掃されました。

・お客様の了解を得て掲載しています。

ご導入いただいたのは

ARE-310

ARE-310

あわとり練太郎の導入で、銀ペーストの脱泡処理が30分から数分に! 自転・公転ミキサー ARE-310

製品詳細はこちら
無料貸し出しサービス
カタログ請求(郵送)
カタログ請求(WEB)
お客様相談室TEL0120-660-318 営業本部TEL03-5207-2713
受付時間:9:30~12:00/13:00~17:00(土日祝休)

PAGETOP